FAQ | SenseWay Mission Connect

通信について

LoRaWANで送信可能なデータサイズは?
最大で242byteまでの大容量通信が可能です。
LoRaWANで送信可能な距離はどのくらいですか?
ゲートウェイが見通しが取れる範囲であれば使用可能です。
場合によっては10Km以上使用が可能です。
LoRaWANの電波受信可能なエリアはどこですか?
関東を中心に随時エリアを拡大していく予定です。対応エリア外でもご自身でレンタルゲートウェイサービスを使うことによって、ご自身でエリア拡張してご利用いただけます。
屋内での通信はできますか?
基地局を設置して屋内でも通信ができるようにしておりますが、コンクリートの壁に囲まれた屋内や地下では、通信が不安定になる場合があります。
その場合、室内にゲートウェイと呼ばれる機器を設置することで、室内でも通信を快適に行なうことができるようになります。
LoRaWANは海外でも使えますか?
現在は日本国内のみのサービス提供となっております。
複数のデバイスから同時にデータを送る場合、干渉しませんか。
LBT(Listen Before Talk)を使用しているため、同一チャンネルで同時に発信しないようになっています。
1基地局で、同時に受信できるデータの量は決まっていますか。
ひとつの基地局に対するデバイスの接続数は、数千デバイスの接続に対応しております。送受信どちらも可能です。

デバイスについて

LoRaWANデバイスは技適取得済みですか?
センスウェイの販売するデバイスは技適取得済みです。
センスウェイの販売するデバイス以外はご使用にならないでください。
LoRaWANデバイスは移動中でも使えますか?
自転車程度の速度でしたら通信可能です。

レンタルゲートウェイについて

ゲートウェイの故障で通信が行えなかった場合、どのようにすればいいですか。
交換対応をさせていただきますので、ご連絡をお願いいたします。

SenseWay Mission Connectについて

SenseWay Mission Connectにデータが保存されている期間を教えてください。
データ保存サービスは提供しておりません。ご自身でサーバーをご用意ください。
SenseWay Mission Connectの利用料金はいくらですか。
1デバイスあたり月額30円から利用可能です。詳しい料金プランはこちらをご覧ください。
Powered by LoRaWAN